【公文式】算数だけでもOK?おすすめの教科や幼児の勉強法について

スポンサーリンク

「やっててよかった公文式」でお馴染みの公文式ですが、公文式の中でも一番評判が良い教科が算数(さんすう)と認識している親御さんも多いかと思います。

確かに、公文式の算数は続けることによって計算問題がスピーディーにこなせるようになります。公文式の教材を繰り返しトレーニングすることで計算上のルール自分自身で取得し、より理解力を高めていくことができます。

では、公文式で受講する教科は算数だけで良いのでしょうか?

今回は、公文式で習うべきおすすめ教科や幼児おすすめの勉強方法について以下でご説明していきますのでお付き合いください。それではどうぞ!

【幼児】これが出来れば公文式の教科は算数だけでOK!

文章に触れる習慣がついている幼児

公文式の算数と併用して受講する教科を考える場合「国語」を検討される方が多いかと思います。

そもそも公文式は「さんすう、こくご、えいご」のみですので、幼児が手を付けやすい教科といったら「さんすうorこくご」と考える方が多いのではないでしょうか。

公文式の国語は最初はひらがなを学習し、その後に短い文の音読→読解と進んでいきます。

本を読んだり手紙を書いたりするのが好きな子は自分自身で文字を取得できる場合も多いので、わざわざ高い月謝を幼児のうちから国語に費やす必要はあるのかな~?と私自身は感じています。

しかし、本や文章に触れるという習慣は語彙力を増やすという意味でもとても大切な習慣です。

もし、本や文章に触れる習慣を作るのが難しい!という場合は算数より先に国語を始めても良いかもしれません。

国語の力は中学高校と進むにつれて重要度が増してきますので、幼児のうちに文章に触れる習慣を作ることはとても大切です。

公文式は毎回宿題が出ますので、一気に2教科はじめるのは幼児にとっては酷かもしれません。その子自身にあった教科で学習をスタートさせてあげることが大切です。

下記にも記載していますが、公文式の算数は習わせるメリットが非常に高い教科なのでおすすめです。しかし、国語を疎かにするのは今後のためにもよくありません。

幼児のうちは家庭用教材と公文式の併用もおすすめです。また下記に詳しく記載しておりますが、家庭用学習教材を併用することによって自分自身のペースで学習が可能になり宿題に追われることもありません。

幼児のうちは学習習慣をつけることが大事ですが、勉強に追われ過ぎて苦手意識がついてしまうのは良くありません。

我が家では家庭用学習教材と公文式の併用を実践しています。家庭用学習教材に関しては下記に詳しく記載しておりますので、参考にしてみてください。

ひらがなカタカナなどの読み書きに遅れが無い幼児

公文式算数と併用されることが多い国語ですが、幼児の場合はまず「ひらがな」の読みからはじまります。

このように、プリントの絵と文字を照らし合わせて読むことで自然と文字が記憶できる仕組みです。

文字を覚えることが苦手なお子さんにはおすすめです。

ですが、このレベルだと自然に身につくお子さんも多いのも事実。幼児でも小学生でも月謝は7560円(東京の場合)かかりますので、スタートするかどうかはお子さんの学習状況によって見極めるのが大切です。

【幼児】公文式で算数以外の教科を習うデメリット

デメリット:月謝が高くなる

もし、公文式の月謝が月1000円~2000円程度なら公文式の国語はおすすめです。

ですが、先ほども記載したように公文式は1教科の月謝が7560円かかります。算数と国語をはじめる場合、1か月分の月謝は15120円になります。

公文式基本情報
0~2歳【BabyKumon】
※月謝2160円
3歳~就学前【こくご・さんすう・えいご】
※月謝:7560円(東京・神奈川)7020円(その他地域)

我が家の場合は正直その点が悩みの種になっていました。

幼児のうちはお勉強だけでなく体操やピアノも習わせてみたい。子供の興味のある分野を引き出したい!という思いがあったので1教科に絞り、浮いた月謝を他の習い事にまわすことも考えました。

経済的に余裕のある家庭は、とりあえず公文式で2教科はじめてみるのもありだと思います。

ただ、1回はじめると辞めにくいので・・(苦笑)最初はじめる際はよく考えてからスタートすることをおすすめします。

家庭用教材と併用して様子を見てみるなど、最初は予算のあまりかからない方法で勉強習慣をスタートさせるのも良いですよ。

家庭学習教材【月刊ポピー】→今なら無料見本プレゼント!

家庭用教材にはそれぞれ特徴があるので、まずは無料の資料請求で教材を子供と一緒に確かめてみましょう。おすすめの家庭用教材について、詳しくは下記に記載しています。

デメリット:宿題が多くなり子供の負担が増える

公文式では毎回宿題が一定量出ることになります。宿題もあっての公文式なのです。

公文式の宿題を子供が嫌がる場合の解決法!量が多くて大変な場合はどうすれば良い?
公文式を続けるにあたって、最初にぶち当たるのが「宿題の多さ」というお子さんも多いのではないでしょうか。 我が家の娘も年中から公文をはじめましたが、最初は日々の宿題習慣をつけるということに苦労し「このまま公文式を続けられるかな」と疑問に...

我が家の場合は公文式の宿題の多さに最初はとても苦戦しました。

上記の記事にも記載していますが、幼児のうちは宿題の多さに耐えられず宿題を減らしてもらった程です。

我が家の娘だけでなく、公文式の宿題の多さに悩む子供や親御さんは多いです。

「毎日勉強する習慣が無かった子供がいきなり2教科はじめると戸惑う場合もある」ということを頭の中に入れておいた方が良いでしょう。

公文式おすすめ教科と幼児にベストな勉強法について

文章を読む習慣が無いお子様には公文式の国語もおすすめです。

公文式の学習は反復学習を基本です。読む文章の難易度を少しずつ上げていく中で語彙力を増やしていきます。

公文式の国語を学ぶことによって得られる「読んで分かる力」は国語の以外の教科においても基礎になります。私自身も高校大学と受験してきたので実感していますが「国語を制するものは受験を制します」なので、国語という教科を疎かにしてはいけません。

しかし、幼児期に関しては「絵本」を読む習慣であったり、ドリルで文章に触れる習慣があるのであれば、わざわざ習う必要も無いかと思います。

公文式では一教科7560円(東京の場合)という高い月謝を毎月払うことになります。経済的に余裕がある方は良いですが、この7560円を節約して他の習い事に回しても良いかもしれませんね。

幼児期は学習も大切ですが、様々な体験をさせることで無限の才能が開花する時期でもあります。男の子ならスポーツ、女の子ならピアノなども良いですね。

また、家庭用教材(自宅で学べる教材)と公文式の併用もおすすめです。

公文式は1教科のお月謝が(地域によって差がありますが)どの地域でも7,000円以上かかります。費用面から考えても、まずは家庭用教材で基礎を完成させるという方法も検討してみてはいかがでしょうか。

家庭学習教材【月刊ポピー】→今なら無料見本プレゼント!

月間ポピーは余分な教材が無いので教材が無駄に増えて困ることもありません。ポピーは年長さん1年間分の教材で13,200円と非常にリーズナブル!ひと月あたり1,100円です。

公文式一年間分の月謝:7560円(神奈川東京以外はは7020円)×12か月=90720円
ポピー一年間分の月謝:1100円(年少は980円)×12か月=13200円
公文式とポピーの一年間分月謝の差額:90720円(公文式)-13200円(ポピー)=77520円

公文式と同じく無料のお試しが可能なので納得してから受講することが可能です。公文式と並行して検討してみても良いかもしれませんね。


また、適度に副教材がついている方が子供の興味をそそるかな~とお考えの過程にはZ会 幼児コース
もおすすめです。

ポピーより副教材多めでこどもちゃれんじよりはシンプルなイメージです。

Z会の受講費は年長でひと月あたり2,420円です。副教材がある分、ポピーに比べて割高ではありますが添削指導などのサービスも付帯しています。

公文式で2教科通わせると14000円以上かかるので、プールやピアノも習わせると考えると我が家には厳しい・・。公文式は1教科に絞って他は教材がシンプルなポピーで学習してもらう予定です。

家庭用学習教材を選ぶ際はその家庭の方針や子供の性格に合わせて選ぶ方が良いと思うので、資料等でしっかりと吟味してから決めることをおすすめします。

家庭学習教材【月刊ポピー】→今なら無料見本プレゼント!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

勉強の得意不得意は人それぞれ。まずは親の私達がこどものやる気を引き出すために動くことが大切です。

公文式は無料体験なども実施しているので、無料体験をしてみて雰囲気を掴むのも良いと思います。

それに並行してポピーZ会など幼児教材の無料お試しセットを試してみても良いかもしれません。是非みなさんも検討してみてくださいね。

当ブログには公文式に関する記事を他にも公開しております。もしよろしければご覧ください。

公文式の国語は効果ない?年中年長からくもんの国語を習う5つのメリットとは
公文式の国語に限らず「国語」って疎かにされがちな教科だと思いませんか? 小学校の時って算数や体育が得意な人がヒーローっぽく扱われることが多いですよね。 私自身は昔、算数が得意でした。小学校の時は「なんとなく」で国語もこな...

最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。

 

コメント