私達がマイホーム(戸建て)に和室を作った4つの理由!子供部屋にもおすすめ

スポンサーリンク

マイホーム計画の中で、よく論点になるのが「和室を作るべきか?」

一昔の家は和室がある家が普通でしたが、最近は賃貸でもオール洋室がトレンドとなっていて脱和室が進んでいるように感じます。

でも我が家は和室を作りました!

それは何故か?

それは簡単。だって和室が好きだから。

和室があれば、ごろーんと寝ころんでも夏は涼しく冬は寒くない。昔から馴染んだ和室の香りに気持ちが落ち着く・・。子供は転んでも痛くない!

そうなんですよ。和室って意外とメリットがたくさん。

もちろんフローリングも利便性が良いと思いますが、和室の匂いが好き!和室の雰囲気がマイホームに欲しい!という人は和室を作らない理由はないと思います。

それでは、詳しく見ていきましょう!我が家のマイホームに和室を取り入れた4つの理由、これからマイホームをお考えの方の参考になれば嬉しいです。

まず大前提!和室の匂いや雰囲気が好きだったから

まず、大前提として和室が好き!という人でなければ和室をつくる意味はありません。

もちろん和室が好きでない人でも和室をつくる利点はたくさんあります。それはこの記事を読み進めて頂ければわかると思いますが、和室が苦手な人に和室を勧めたいと私は思いません。

和室って本当に好き嫌いが分かれます。(私は数年前まで不動産屋で勤めていましたが、和室の好き嫌いはお客様によって非常に意見の分かれる内容でした)

なので、和室が嫌いな人に和室を勧めても意味がないと思います。

・和室の匂いが大好き

・和室って落ち着く

・やっぱり1部屋は和室が欲しい

・和室に布団を敷いて寝たい

・将来は和室でお茶会したい

・子供に和室の良さを伝えたい

上記に全くあてはまらない人は和室をつくっても意味がないかもしれません。

逆に、和室が好きな人はぜひ和室をマイホームに取り入れてみてください!後悔しない理由を以下でご紹介していますので、もしよければ読み進めてみてくださいね。

転んでも安心!子供部屋としても使える

畳はフローリングと違って転んでも痛くないので、子供部屋に最適です。

子供部屋としてのおすすめポイント

・転んでも安心!よく転ぶ小さな子供には畳が安心

・冬も寒くない!裸足で歩き回っても気持ちいい

・赤ちゃんの昼寝部屋にも最適!

我が家は1階の部屋部分はリビングダイニング+和室です。現在、和室部分は3歳5歳の子供部屋として利用しています。

遊び方が激しいので現在もよく転びますが、頭をぶつけても安心です。また、もっと小さな頃は昼寝が日課でしたので、1階の和室で寝かしつけを出来るのはとても楽チンでした。

冬も寒くなく温かみがありますし、夏はひんやり気持ちいいです。子供部屋には勿体ないくらい和室ってクオリティが高いと思うのは私だけでしょうか?

将来、歳をとったらきっと和室が恋しくなるんだろうな~と思いますし、長い目でみても和室を作るのは利用価値があると思いますよ!

琉球畳を採用!おしゃれでモダンな和室に変身

正式な琉球畳は「七島イ」という普通の畳で使う井草よりも強固なものを使用しています。しかし「琉球畳」として販売されているものの多くは井草を使用しており「琉球畳風」のものが多いです。

もちろん本物の琉球畳の方が丈夫で長持ちするのですが、デザイン性を求めるのであれば琉球畳風の琉球畳で十分だと思います。

予算に余裕がある方は本物の琉球畳を検討されてみても良いと思いますし、コスパを重視するのであれば「琉球畳風」の畳でも良い品はたくさんありますよ。

和室の昔っぽい感じが何だかダサいな~と感じている人は、琉球畳(風)を採用することでイマドキのおしゃれな空間を造りあげることができますよ。

オールフローリングよりも、むしろモダンでデザイン性の高い家が実現します。畳の良さはそのままに、和風だけど現代的な家を求めている人は「琉球畳(風)」を検討してみてはいかがでしょうか?

将来は客間としても利用可能

将来は客間としても利用可能なのが和室をつくる利点でもあります。

もちろん、テーブルとイスでも十分なのですが、しっかりと「おもてなし」するべきお客様に来て頂いたときは畳のお部屋が重宝します。

数十年先の話になりますが、万が一足腰が悪くなって2階にのぼれなくなった時、1階で過ごすことになるはず(私の祖母がそうです)

そんなときフローリングだとすぐにホコリがたまり掃除も面倒です。

畳の部屋が1つあるだけで、老後の利便性も広がります!将来のことを考えると畳をつくる利点は大いにあると思います。

オール洋室にしたいけど、畳を諦められない人の為に

オール洋室は決定しているんだけど、畳も良いんだよなぁ~という人のためにフローリングに敷くタイプの畳はいかがでしょうか?

こちらは琉球畳風日本製畳です。楽天でも評価の高いモダンな畳で、レビューも150件以上あり、色は4種類から・サイズはオーダーも可能です。

畳 マット 置き畳 ユニット畳 琉球畳風フローリング畳 パラレル 1枚【単品】約82cm×82cm×厚さ2.5cmカラー畳 い草畳表 縁なし畳日本製 1年間保証畳部門ランキング1位獲得 累計販売枚数17,000枚突破 イ草 い草 ラグ
by カエレバ

 

オール洋室にしたいけど和室も諦められない!

費用を抑えておしゃれモダンな雰囲気を手に入れるたい!という人にはこちらのショップがおすすめです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

我が家は数年前にマイホームを建築しましたが、和室を取り入れて満足してます。というのも、和室が好きというのが根底にあり、和室の匂いの懐かしさや心地よさを忘れたくないな~という思いが気持ちの奥底にありました。

もちろん、オールフローリングも魅力的ですが、和室好きな方はぜひ和室をマイホームの一室に取り入れてみてくださいね。

また、ハウスメーカーによってもおすすめする間取りや設備が変わっていますので、様々なハウスメーカーをチェックすることは家造りに当たってとても大切です。

・家造りを検討中だけど何からはじめていいか分からない

・モデルルームを見に行く前に資料で比較検討したい

・忙しいけど短時間で情報を集めたい

まずは、資料請求サイトなどを通して気になる数社の資料を請求してみましょう!

ハウスメーカーによって、それぞれ特徴が違うので資料を見ながら構想を練るのも楽しいです。

モデルルームに足を運ぶと、1社につき数時間時間を費やすこともあるので、まずは無料の資料請求で自分たちの気になるハウスメーカーや工務店をチェックしておくことも大切です。




こちらのサイトは一度の入力で、複数のハウスメーカーや工務店に資料請求が出来るサイトです。

・建築予定地

・建築予算

・生年月日

・こだわり(木造希望や子育て向き住宅など)

以上を記入するとおすすめのハウスメーカーや工務店の情報が表示されます。気になった会社はまとめて資料請求できるので、手間も少なく忙しい方にも最適。

家造りのスタート地点は「どこに依頼したら良いのか分からない・・」と悩む人はとても多いはず(私もそうでした)

持ち家計画では、一度の入力で複数の工務店ハウスメーカーを選ぶことができるので、依頼先の検討に最適です。これからハウスメーカーを検討される方におすすめなので、ぜひ利用してみてください。

また、資料請求もいいけど電話で直接相談したい!という人にはホームズくんのCMでお馴染みLIFULL HOME’S 住まいの窓口がおすすめです。

・戸建てもいいけどマンションも迷っている

・分からないことが多すぎ!電話で直接アドバイスを聞きたい

・わざわざ足を運ぶまでではないけど漠然と家購入を考えている

・自分の年収だといくらくらいまでの家が検討できるのだろうか

住まいの窓口の電話相談なら、まだ漠然とした悩みも電話で丁寧に解説してもらえるので、マイホーム購入にむけての第一歩につながります。

何を相談するかも漠然としているけど、そろそろ家を検討したい!という人は、まず無料の電話相談で手掛かりを見つけるのもおすすめです。



最後まで読んで頂きまして、ありがとうございました。

コメント