【ビビディバビディブティック】2月にベルを初体験!冬の防寒は?ドレスの雰囲気を壊さない3つの方法

スポンサーリンク

ディズニーランドには女の子なら誰もが夢見る「プリンセス」を体験できる夢のような場所が存在します。

 

ビビディバビディブティック

ディズニーランド好きの方ならご存じの方も多いのかもしれませんが、私は娘がYouTubeで見つけてきてはじめて知ることになりました(笑)

 

ビビディバビディブティックでは6つのプリンセスの中から自分でチョイスしたプリンセスに変身することができます。

・シンデレラ
・オーロラ
・ベル
・ラプンツェル
・エルサ
・アナ

我が家では5歳の娘が「ベル」をチョイス!

 

ビビディバビディブティックでプリンセスに変身した後は、ディズニーランドで遊ぶ人も多いかと思います。

そこで気になるのがドレスの中の「防寒」について。

ドレスは袖がないものや肩が出ているものが多く、冬~春先にかけて寒さが心配です。我が家も2月の利用でしたので晴れていたとはいえ、気温は10度以下・・。子供は風邪の子とはいえ、体調を崩されては困ります!

ドレスはとても素敵でクオリティが高く、適当にアウターやインナーをチョイスするとプリンセスの雰囲気を壊しかねません。

そこで今回はドレスの雰囲気を壊さずにしっかり防寒もできる3つの方法をご紹介していきます。ぜひ冬のビビディに行く際の参考にしてみてください!

ビビディバビディブティックのベルドレスについて

まずビビディのベルのドレスについてご紹介します。

ベルのドレスは素敵なドレープスカートが特徴の黄色が鮮やかなドレスです。

【ビビディバビディブティック】ベルのドレスの感想!質感や着心地は?身長110㎝5歳の娘の場合
女の子なら誰もが憧れるディズニープリンセス! 我が家の娘も現在5歳。6歳を目前としていますが、いまだにプリンセスブームは健在です。 ディズニーランドのビビディバビディブティックは「シンデレラ・オーロラ・ベル・ラプンツェル...

ベルのドレスにはドレスの他にティアラと手袋がついています。

ドレスは普通のショッピングセンターに売られているものより品質が良く「さすが、ディズニークオリティ」という感じ!

「高いだけあるな~」という印象です。

ヒートテックの上に白のタートルネックを着る

ベルのドレスは肩が出ています。カラフルなインナーを着てしまうと、プリンセスの雰囲気が台無し!

出来れば首元まで暖かい白のタートルネックを着用することをおすすめします。

白のタートルネックは比較的身体にフィットしているジャストサイズをおすすめします。

ドレスを一度脱いでからタートルネックを着用するので首元をしっかり開いて髪型を崩さないように注意が必要です。→我が家ではパパと二人でタートルネックの部分を大きく開いて頭から通しました。

白のタートルネックの下に普通の長袖シャツと長袖ヒートテックを重ね着しています。ヒートテックが2枚ある人はヒートテック2枚でも良いと思います。

私達が行った日は比較的暖かったので、上の写真のように「長袖シャツ+長袖ヒートテック+タートルネック+ドレス」のみでも日中は過ごすことができました。

白いケープの下に白の暖かいパーカー

ビビディバビディブティックにはケープが販売されていますが、結構いいお値段です(汗)

ケープの値段

110cm 9800円
140cm 12500円

我が家では完全に予算オーバーなので、ケープは事前に購入しておきました。

もし「高すぎる~」と感じる人は事前に購入しておくと良いでしょう。私は西松屋のセールで1000円前後で購入しました。

もちろんビビディのケープはディズニークオリティの品質なので、ご予算に余裕のある人はこちらで購入しても良いと思います。しかし「ドレスの雰囲気を壊さない」という内容に関して言えば安いケープでも十分でした。

また、ケープの下に「白の(もこもこ)パーカー」を着用すると更に暖かいです。

このような感じでパーカーの下に(もこもこ)のパーカーを用意しました。

なぜ「もこもこ素材」を用意したかというと「ドレスの雰囲気を壊さないため」です。普通の布素材のパーカーだと一気に普段着感が増してしまいます。

下にもこもこパーカーを着た場合、上からケープをかぶってしまえば雰囲気を壊すこともないですし、袖もあるのでケープ一枚よりも暖かさは増します。寒さによって調節しても良いと思います。

インナー2枚+タートルネック+もこもこパーカー+ケープを用意したので上半身の防寒は完璧でした。

もこもこパーカーは西松屋で1000円前後!ケープと合わせても2000円で用意で出来ました。

足は見えないので裏起毛のスパッツ

ビビディバビディブティックではタイツや靴下はついていません。

ビビディでも購入できますが、シッピングセンターなどで売っているものより割高です。キャッスルコースやキャリッジコースなどの撮影がついているプランの場合は家にある白タイツや白靴下を持って行くことをおすすめします。

ドレスの丈はジャストサイズを選んでも長めなので、撮影が終わった後は下に暖かいものに履き替えましょう。下に白以外のスパッツやタイツを履いても目立つことはないと思います。

我が家ではこちらの黒い裏起毛スパッツを履きました。ドレス自体が風を多少なりとも防いでくれますし、下に暖かい素材のスパッツやズボンを履いているので防寒対策はバッチリです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

女の子なら誰もが一度は憧れるであろうプリンセス。最初は子供の要望でしぶしぶ・・という気持ちで申込みましたが、さすがディズニーランドは夢の国!

親の私も一緒に魔法にかけられてしまいました。わくわくする気持ちが溢れ、童心に帰ったような気持ちで娘のプリンセス変身体験を一緒に楽しむことができました。

しかし、魔法をかけてくれるとはいえ真冬の寒さまでは防ぐことができません。防寒対策をきっちりしてからビビディバビディブティックを楽しんでくださいね!

【ビビディバビディブティック】駐車場について!ホテルとパークどちらを利用するべき?
素敵なプリンセスに変身して夢のひとときを体験できるビビディバビディブティック。 ・東京ディズニーランドのワールドバザール ・東京ディズニーランドホテル 上記の二カ所にビビディバビディブティックがあります。 東京デ...

こちらのでは東京ディズニーランドホテルのビビディに行く際の駐車場について記事にしています。よろしければ合わせてご覧ください!

最後まで読んで頂きまして、ありがとうござました。

コメント