インラインスケートって何歳から?5歳の子供が使ってみた感想

スポンサーリンク

インラインスケートってご存知ですか?

 

私は娘が「これ欲しい~」と言ってきたとき「ローラーブレード」でネットを検索していましたがヒットせず・・(30代以上の人なら「ローラーブレード」ご存知ですよね?笑)

最近はローラーブレードと言わず、インラインスケートと言うそうです。

 

娘は5歳なので「ちょっと早いかな~?」と思いつつ「好きなら上達するかな」という思いもあり、買い与えてみました。

 

今回はインラインスケートは何歳くらいからが妥当なのか?5歳の娘が使ってみた感想も含めてご紹介していこうと思います。

 

5歳の娘が使っているインラインスケートについて

娘のインラインスケートはトイザらスで購入しました。

トイザらス限定 インラインスケート トゥインクル パープルS(18〜20cm)
by カエレバ

 

娘は足のサイズが18㎝なので、なかなか足に合うものがなく、いくつかおもちゃ屋さんを回りましたがこちらでやっと発見。

18㎝~20㎝なので、使える期間が短そうですが、下の子も使えればなという思いで購入しました。

こちらの商品は5000円以下と比較的手頃な値段なので、もし娘がすぐに飽きてしまっても惜しくないかなと(笑)

履いてみるとピッタリ!インラインスケートはかっちりと固定されるからなのか、サイズの割にはキツめに感じますが・・娘は平気なようです。

右足にブレーキがついています。後方のでっぱりがヒールブレーキといいます。ヒールブレーキの他にもブレーキのかけ方はいくつかあるそうですが、まずはヒールブレーキが基本になるので取得にむけて練習するべきだと思います。

赤い丸で囲んだ部分が調節可能になっています。昔、私が履いていたローラーブレードとあまり変わらないイメージでした。

我が家で購入したインラインスケートの車輪の部分は結構固く、もう少し柔らかいものだと更に滑りがいいとのこと。

★プレゼントに超オススメ 光るウィールのインラインスケート COUGAR クーガー キッズ 子供用から大人まで ジュニア JR用 お子様用 スポーツ レッド RED ブラック BLACK ピンク PINK【送料無料】
by カエレバ

 

こちらは5000円を超えますが、少々高い分、滑り心地は違うみたいです。最初から真剣に上達を目指す場合は少し値の張るものを買ってもいいかもしれません。

5歳児はインラインスケートで滑れている?

5歳の娘がインラインスケートを滑れるかという問題ですが、残念ながらまだ上手に滑れていません。

1日目は立つのもやっとで、よろよろと私にもたれかかる感じでした。何度も転びましたし、ちょっと泣き言もいっていました・・。

「う~ん、こりゃすぐ飽きるかな?」と思いましたが、2日目には平坦な道を一人で滑れる(というか歩ける)程になりました。子供って吸収が早いな~と思った瞬間。

インラインスケートはとにかく履いて、慣れることが大切といいます。我が家の家の周辺は比較的平坦な場所が多いので毎日練習してみようと思います。

「インラインスケート 滑り方」で検索すると参考になりそうな記事にいくつかヒットします。滑り方の基本を頭に入れて滑るのが上達への第一歩だと思うので、娘と共に上達に向けて特訓してみようと思います。

インラインスケートって何歳から?

インラインスケートはキッズ用のものを購入すれは3歳くらいから使うことができます。インラインスケートと比較検討されることの多いローラースケートより安定性にも優れているので幼児向きだと思います。

3歳くらいから出来るとはいえ、インラインスケートをネットや店舗で購入しようとすると20㎝以上のものが多いので、小学生になってからはじめる子が多いのも事実です。

インラインスケートだけでなく、ローラー系の遊びは最初からすぐにバランスを取れるかというと、そう簡単ではありません。私自身は小学校3年生でインラインスケート(当時のローラーブレード)をはじめたということもあり、幼稚園児にできるのかな~?と思い不安もありました。でも考えてみればスケートやサッカー、野球なのでも大人顔負けのキッズは意外と多いです。

小さいうちから始めれば吸収も早く、上達も早いので「やりたい」と思った時がはじめ時かもしれません。そこで続くかどうかは子供の性格によると思います。

ただし、幼児がインラインスケートをする場合は、けが防止のサポーターやヘルメットを忘れずに着用しましょう。私は時々忘れてしまいますが・・気を付けなければ・・。

我が家で愛用中のヘルメットとサポーターです。もともとは自転車練習の際に購入しました。それぞれ1000円程度と比較的安価ですが、親も一緒に練習する場合はお手頃な価格のもので十分だと思います。

プロテクター 7点セット 子ども ヘルメット ひじ当て ひざ当て 手首ガード 安心 安全 怪我 防止 転倒 傷 ストリート系 スポーツ 保護 キックボード ad099
by カエレバ

 

楽天市場などのネット通販では1000円以下でフルセット揃っているものも販売されています。インラインスケートは早ければ3歳からできますが、小さい子程、怪我には注意しましょう。親が必ず目を離さず、横についてサポートしてあげることが大切です。

また、ムラサキスポーツから小さな子どもでも安全に滑りやすいスケート靴を発見しました。

キッズ ローラースケート ROLLER DERBY ローラーダービー EZ ROLL イージーロール EE A8
by カエレバ

 

後ろ部分のローラーが大きくなっているので安定性が格段に良くなります。サイズも14㎝からありますので、インラインスケートの練習としても活用できると思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。お子さんの「やりたい」という気持ちは応援したいのが親心。

インラインスケートは自転車よりも高度なイメージなので、最初は不安もありますが、幼児でも楽しむことの出来るスポーツです。

我が家の娘もまだまだですが、楽しんでやっているので当分は毎日練習させてみようかなと思っています。

上達には個人差があるので、お友達と比べたりすると一喜一憂してしまうこともあるかと思います。しかし、「子供のペース」を守って安全に楽しむことが上達への近道です。

これからインラインスケートをスケートさせるお子さんをお持ちの親御さん、一緒に上達に向けて頑張れれば嬉しいです!

 

最後まで読んで頂きまして、ありがとうございました。

コメント