PAS Kiss mini un(パスキスミニアン)2017年モデル利用歴1年半!口コミや感想は?

スポンサーリンク

幼稚園や保育園に入園したり、子供が大きくなってくると日常の移動手段として重宝されるのが電動子乗せ自転車。

数ある電動子乗せ自転車の中でも「ヤマハのパスキスミニアン(PAS Kiss mini un)」は知名度も高く、電動子乗せ自転車を購入する際に検討する人も多いかと思います。

 

私自身はパスキスミニアンのユーザー歴1年半で、幼稚園の送り迎えや習い事の送迎など、ほぼ毎日子乗せ自転車を利用しています。パスキスミニアンを1年半利用してみて、メリットやデメリットなど、購入前のユーザーが気になる点について分かってくることも多くありました。

今回はこれから購入を検討する人に向けて、私の個人的な感想を含め世間の口コミ調査などを盛り込み、パスキスミニアンをご紹介していこうと思います。それではどうぞ!

パスキスミニアン(PAS Kiss mini un)とは?

パスキスミニアン(PAS Kiss mini un)とは、バイクでも有名なメーカー「ヤマハ」から発売した電動子乗せ自転車(3人乗り)です。
ヤマハのPASシリーズは1993年に発売開始。実に25年以上もの期間、愛され続けているシリーズなのです。

 

PASシリーズのコンセプトは発売当初から変わっていないそう。

人間の感覚を最優先にした乗り心地

誰でも心地よく乗り続けられる自転車を目指して開発されたのがヤマハのPASシリーズなのです。子供を乗せるママやお年寄りの方まで、誰もが楽しく自転車ライフを送れることを目指して開発された商品ということが分かりますよね。

パスキスミニアンのメリット

アシスト力は最高レベル

パワフルなのに走り心地滑らかなのがヤマハ電動アシスト自転車の特徴。

下記に詳しく記載しますが、トリプルセンサーシステムを採用しているので最初は滑らかな走り心地です。一見、パワーがないのかな?と思う方もいるかもしれませんが、アシスト力はヤマハパスシリーズで最高レベルの星6つ!

私自身、急な坂も走ることが多いです。もちろん、平坦な道に比べて重たさは感じますが、前後に子供を乗せても止まることなく走ることが出来ます。

トリプルセンサーシステムで他のメーカーよりも滑らかな滑り心地

トリプルセンサーシステムとは乗ってる人の動きに素早く反応し、滑らかな滑り心地を実現するための肝となる部分です。

トリプルセンサーって何を感知するの?
・トルクセンサー(ペダルを踏む力を感知)
・スピードセンサー(走る速度を感知)
・クランク回転センサー(サドルの回転を感知)

この3つのセンサーで人間の感覚に近い滑らかな走り心地を実現しています。

 

私自身、電動子乗せ自転車を購入する際はいくつか試乗させてもらいました。

ヤマハと並んで人気のあるパナソニックの電動子乗せ自転車と比べるとヤマハは走り出したときのパワーがゆったり伝わる印象。反対にパナソニックの電動子乗せ自転車は最初からパワフルな印象でした。

子乗せ自転車が初体験の私がいきなり強い力でアシストされると精神的な不安も大きく、パナソニックの製品はヤマハの製品に比べてバランスがとりにくいと感じました。私の個人的な意見になりますが、パナソニックの子乗せ自転車は既に電動子乗せ自転車に慣れている人には良いかもしれませんね。

1回のフル充電で長く乗れる

2019年のパスキスミニアンの最新モデルは通常モードで49㎞も走ります。

私自身は2017年モデルを愛用していますが、毎日使っても1週間に何度も充電する必要はありません。

また「あと1時間で出発するのに充電を忘れた!」なんてことも忙しい子育て主婦には意外とあります(私はよくあります・・)

パスキスミニアンなら充電がほぼない状態から30分で約25%も充電してくれます!これなら「幼稚園に送らなきゃいけないのに充電忘れたどうしよう~」となっても素早く充電できるので嬉しいポイントですよね。

また、フル充電も約3.5時間なので、子供が幼稚園に行っている間で完了します。夜中に充電しておけば、確実に翌朝にはフル充電の状態で乗ることが可能です。

3人乗り前提で設計なので安定性が良い

電動自転車の中には子乗せを前提としてないものもありますが、パスキスミニアンはあらかじめ3に乗りとして設計されているので低床U型フレーム採用でまたぎやすくバランスもとりやすいです。

ワイヤーが内臓されているのでスタイリッシュな外見に加え、ワイヤーに物や足などを引っ掛ける心配も少ないです。

また、子供を乗せる際に心配なのが子供が走行時に足をタイヤに挟まないかということ。パスキスミニアンは「大型ドレスガード」と「チェーンガード」で同乗する子供の足を守ります。安心して乗れるのも好ポイント。子供の安全は第一ですよね。

パスキスミニアンのデメリット

安心のコクーンルーム!使い慣れるまで時間がかかるかも

コクーンルームについては下記に詳しく記載しますが、私自身は使い慣れるまでに少々時間を要しました。

写真の解説のように、フロントガードを上げたままで乗せることは難しいです。

他の自転車の前乗せ部分は、子供を持ち上げてそのまま乗せることが出来るものも多く、フロントガードを必ずさげてからでないと子供を乗せることが出来ないという点では煩わしさを感じる人がいるかもしれません。慣れれば片手で操作できるといわれましたが、1年半利用した今でも片手での操作は難しいです。(出来なくはないですが)

しかし、コクーンルームのおかげで転倒の際や冬の寒風からも守ってくれるというメリットの方が高いと感じ、私自身はそこまで使いにくさを感じることはありませんでした。1年半使い続けた今では普通の日常としてフロントガードの上げ下げをしているので、これを日常をしてしまえば何も大変なことはありません。

保管状況によってはスタンドの調子が悪くなるかも

1軒屋でビルトインガレージなどもない我が家。毎日直射日光や雨風にさらされているためなのかスタンドの調子が悪いときがあります。

本来なら、この部分がスタンドを立てると自動で左に移動し自転車にロックがかかります。

現状、使う分には特に問題ないのですが、スタンドを立てる際にロック部分を足で蹴る必要があります。以前自転車屋さんに持って行き直りましたが、また調子が悪くなりました。でもこれは他の電動自転車でも同じかも・・。

電動子乗せ自転車を保管する場所は、出来れば室内、またはカバーをつけることで不具合を減らせると思います。

話題のコクーンモデルの口コミや感想は?

コクーンルームを採用しているのはヤマハのパスキスだけ!

コクーンルームのメリットは?
・足先まですっぽり包む安心感
・冬の寒風から身を守る
・夏の直射日光から身を守る

特に冬はとても寒く前にのる子供には過酷な環境です。子供の足や身体を寒風から身を守ってくれるのは親としてもメリットが高いです。

コクーンルームの口コミを見ると

・子供を乗せて走る際、安心感があって良い
・乗せおろしが大変!

など、賛否両論あるそうですが、子供の安心面を考えれば「コクーンルーム」は二重マル!手軽さという観点から考えると、慣れるまでは不満に感じることもあり!というところでしょうか。私的には誤って転倒した際も前に乗っていた息子は無傷で済みましたし、冬の寒さの中走っても足や身体に寒風が当たるのを防いでくれるのでコクーンルームのあるパスキスミニアンを選んでよかったと感じています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。私自身はパスキスミニアン(PAS Kiss mini un)を選んでよかったな~と感じています。安い買い物ではないので、実際に購入する際は試乗してかた購入することをおすすめします。私の場合は試乗してからネットで購入しました。

 

【最大4,000円クーポン+P最大26倍(12/26 0時まで)】【ライトブラウンカスタム/2019モデル】[PAS Kiss mini un(パス キスミニアン)](PA20KXL)20インチヤマハ電動アシスト自転車【送料プランA】 【完全組立】【店頭受取対応商品】
by カエレバ

 

こちらは2019年最新モデルです。私は2017年モデルなので、新しいバージョンに乗ってみたいな~。

また、雨風を避けるという点ではレインカバーをつけると一層効果的です。

[送料無料]ヤマハ PAS Kiss mini un専用(パスキスミニアン)CocoonRoomコクーンルームフロントチャイルドシートレインカバー OGK技研RCH-005 チャイルドシートカバー YAMAHA QQ1-OGG-Y04-001
by カエレバ

 

最後まで読んで頂きまして、ありがとうございました。

コメント