言葉が遅い3歳児の為に親の私達に出来ること【具体的に取り組んだ内容とは】

スポンサーリンク

子供の発達ってとても気になりますよね。特に乳児期や幼児期は成長が著しい時期なので、少しの遅れも気になってしまいます。

 

我が家の息子(3歳)は言葉が少し遅いです。

我が子の発達の遅れを指摘された時、なかなか受け入れられない方も多いかと思います(私もそうでした)しかし、我が子の得意分野や不得意な分野を理解することで、その子に合った成長の仕方を促しやすくなります。療育センターや専門の方にもお世話になる中で、息子の言葉への理解は少しずつふかまりつつある今日この頃。

 

3歳になった当初、単語も20くらいと少な目でしたが数か月で100を超える単語が出てきています。2語文~3語文も出てきて言葉の爆発とまではいかないものの、急成長を遂げています。

 

そこで今回は私が息子の言葉の発達を促すためにどのようなアクションを起こしたか、具体的にブログに残そうと思います。

息子3歳までの成長過程と言葉の遅れに気づくキッカケ

もともとハイハイや歩きだしたのも遅く、全体的にスローペースだったので最初はあまり気にしていませんでした。しかし、2歳9か月になったある日、お隣に住んでいる同い年の子が親と上手にコミュニケーションをとっているところを見て、びっくり。

 

その子は女の子なので「うちは男の子だからしょうがない」くらいに思っていましたが、言葉の量だけでなく言葉の理解もかなりの差があると気づいたのです。

 

そう思うと急に不安にな気持ちに・・。すぐに区役所の相談室に行き、療育センターで検査してみることをおすすめされました。正直、つい最近まで普通だと思っていた我が子は何か問題をかかえているのかもしれないと知った時、何でもっと早く気づいてあげられなかったのかと自分を責めました。しかし、そこで落ち込んでいても何も始まらないし、息子のためにもならない!そうのように考えるようにしました。

 

療育センターは診察まで数か月も待つので「専門の医師の診察は待っていられない」ということで、心理士さんや小児科の先生、地域の相談員の方と相談しながら息子はどのようにしたら、言葉の理解が深まるのかということを模索しました。そして3歳を超えた今、かなり言葉が増え、自分から要求することが増えてきました。まだ理解の部分は同年代の子供に比べて遅れは感じますが、息子なりの成長を目の当たりにしホッと気持ちが緩みます。

現在は医師の診察も終え、まだ診断等は出ておりませんが、これからも医師や専門のスタッフと連携して息子をサポートしていく予定です。

3歳息子に言葉の発達を促すため取り組んだ内容

おままごとはコミュニケーションの発達にとても良い

想像力を使うことが多いおままごと遊びは、言葉の発達のみならず、精神面の発達にも良いそうです。

おままごと遊びのメリット
・自分から伝える能力が育つ
・コミュニケーション能力が育つ
・想像力が育つ

兄弟がいる場合は、仲良くおままごと遊びをすることによってお互いの成長も促せるので良いと思いますよ。

DUKTIG おままごとキッチン (403.199.73)
by カエレバ

 

息子もこちらおままごとセットを購入してから、毎日のように遊んでいます。3歳の誕生日に購入しましたが数か月経ったいま、言葉がかなり増えコミュニケーションが取りやすくなりました。

たまに親も一緒になって遊んであげると、とても楽しそうですよ。一生懸命伝えようとしてくれますし、コミュニケーションを取ろうとする意欲が子供自身にも湧いてくるはずです。

「○○作ってほしいな~」なんて言うと、喜んで調理しに行ってくれる姿が可愛いです(笑)おままごと遊び、おすすめです。

 

他にも子供の言葉の発達に良いとされるおもちゃをご紹介しています。

言葉の発達を促すおもちゃ!楽しく遊んでことばの理解を深めよう!
子供が2~3歳になってくると徐々に言葉をしゃべりだす子が増えてきます。言葉がしゃべれるようになると赤ちゃんの時期に比べてコミュニケーションが容易にとれるようになるので、言葉での言い聞かせも出来るようになってきます。我が子の成長を感じ、ホッと...

手先を使う作業は言葉の発達に良い

手先を使う作業は、子供の脳の発達に良いので療育センターでも進められます。

具体的な例
・積極的に箸を使ってみる
・洗濯ばさみを挟んでみる
・えんぴつをもって絵を描いてみる
などが、良いそうです。


これは娘ですが、細かい作業は脳の発達にも良いそうですよ。5歳半の娘ですが、毎回細かすぎる絵に驚かされます(笑)

 

手を使う作業は知能の発達良いので、必然的に言葉の発達も促すそうです。我が家でまず実践したのはお箸です。

エジソン ベビー用はし エジソンのお箸 きかんしゃトーマスケース付 トーマス 右手用 (2歳~就学前まで対象) リングに指を入れるだけ!
by カエレバ

 

「不器用なのに箸なんて出来るわけがない」と思っていましたが、エジソン箸なら意外とすんなり持てました。スプーンやフォークのときよりも食べこぼしが少なく、挑戦させて良かったな~と感じています。

TVを見る場合は時間を決めて

心理士さんとの面談で、息子は視覚優位の性質があるのではないかと言われました。

・何か気になるものがあるとすぐ飛びついてしまう
・TVをつけると何時間も見ている
・人の話をじっと聞くのが苦手

うちの息子はこのような点が気になり、視覚優位の性質が指摘されました。目からの情報に強い分、耳から入る情報に弱いとのこと。息子は妙に道や場所などを覚えるのが得意だったのですが、その性質を知って納得しました。(視覚優位は悪いことばかりじゃないです)

ただ、視覚優位な子供は、TVをつけると静かに良い子で見ていてくれることが多いです。目から様々な情報が入ってくるので、面白いのかもしれまえん。なので、ついTVをつけっぱなし・・なんてことも(ハイ、我が家もです)

 

息子の場合、TVをつけると消す時に猛烈に騒ぎ出すことが多く、つけっぱなしにすることが多く私自身も悩んでました。専門家の先生のアドバイスの中でも視覚優位の子はTVを見る際、時間を決めてみた方が良いという内容があり、我が家でも試行錯誤しました。TVを見始めると画面に夢中になりコミュニケーションを取ろうとしなくなります。そんな時は、外に連れ出したり、多少泣いても「この番組を見たら終わり」というように時間を決めたりメリハリをつけることを習慣づけました。もちろん今でも騒ぐこともありますが、毎日の習慣づけをすることで以前より切り替えもうまくなったので私自身ホッとしています。

ちゃんと騒がずに、TVを終わることが出来た時は沢山褒めてあげましょう。

言葉が遅れていても本人がのびのび生活できる環境は必須

言葉が遅い子は、話が伝わらないことがもどかしくて癇癪をおこしてしまう場合があります(個人差がありますが)そんな時、親はついイライラしてしまいますが、ここで深呼吸をして子供の立場を理解してあげることが重要です。

子供は自分をのびのび表現できる場で健やかに成長していくものです。怒ってばかりいると、子供が委縮してしまい自分自身を表現できる場を失ってしまいます。

でも、それが難しいんですよね。

イライラすたときの対処法
・深呼吸をしてみる
・好きな香りをかぐ
・ベランダなど、外の空気に触れる
・子供の赤ちゃんの頃の写真を見る

心を落ち着かせる効果がありますので、是非実践してみてください。

まとめ

我が子の成長は嬉しくもあり、心配になったり不安になったりすることも多いですよね。

 

公的なサポートに相談することも大切だと思いますが、一番長い時間を共有する親の私達が子供に出来るだけのことをやってあげたいという気持ちは皆さん一緒だと思います。この記事が同じような悩みをもつ親御さんの為に少しでも参考になれば嬉しく思います。

コメント